» 「ピアノアトリエ・せき」は千葉市みつわ台のピアノ教室です

コンサート Vol.14

コンサート Vol.15はこちら

コンサート Vol.14

4枚目の扉を開こう


開催:2013年11月17日(日)若葉文化ホール


アトリエのレッスンは、個人のピアノレッスン+グループレッスンの形態です。生徒さんのレッスン成果を発表する場として、各グループで行うミニコンサートと全員で行うグランドコンサートを隔年で開催します。どちらも幅広く音楽を楽しむプログラムに取り組みます。
グランドコンサートは、中学生以上の生徒さんがスタッフとしてステージ進行や後輩の生徒さんのお世話をし、全員で創り上げます。


Vol.13の「ピアノの時代」(ロマン派の音楽)に続き、近・現代の音楽を特集しました。
「4枚目の扉」とは、クラシック音楽の時代区分(バロック派・古典派・ロマン派・近現代)から考えたテーマです。
作曲家が生まれ育った祖国の風土を色濃く作曲に反映させ、演奏するようになった時代の音楽を客席の皆さんと共に楽しみました。

STAGE1

» [バルトークとカバレフスキーの音楽]

「上を向いて歩こう」櫻井ファミリー 「ソナチネ」斎藤音羽さん

コンサート出演2回目の生徒さんたちは、子ども向けに優れた作品を残したカバレフスキーとバルトークの作品を演奏。STAGE1の演奏者は曲のイメージを画にして、曲想を創りました。


» [ファミリー連弾] 上を向いて歩こう

当アトリエのOGでもあるお母様が伴奏部を、お子さんたちがメロディー部を、お父様が効果音を担当。
ファミリーの仲の良さ、温かさが伝わる連弾でした。

STAGE2

» [劇遊びミュージカル] ブレーメンのおんがくたい

5年生までのピアノコース生に9名のプレピアノコース生を加え、28名によるミュージカル。

私達のアトリエ風にアレンジし、フィナーレは動物たちの音楽隊に更生した泥棒も加わり、ブレーメンの街を一緒にパレードしました。


» [男子連弾] 時代劇メドレー

TVでお馴染みの時代劇のメドレーを男子だけで連弾。ゲストのバイオリニストにも加わっていただき、印象に残る演奏となりました。

剣道を続けてきた高校生とご家族やOBの協力を得て、剣道着での演奏が叶い、大いに盛り上がりました。

STAGE3

» [近現代の音楽]

「トランペット吹きの休日」リコーダーアンサンブル 「剣の舞」連弾

個性豊かな作曲家の作品を独奏し、合間によく知られた作品を中学生が連弾しました。
写真は、ハチャトリアン作曲「剣の舞」の6手連弾。


» [ルロイ・アンダーソンの世界]

アメリカ軽音楽の巨匠の楽しい作品を5曲演奏。
写真はリコーダーアンサンブル。
ファゴット・ホルン・コントラバスのゲストの方々に低音部を支えていただき、「踊る子猫」(ソプラノリコーダー2パート)と「ラッパ吹きの休日」(ソプラノ2パート+アルトリコーダー)を演奏。
軽快なリズムでアンサンブルを楽しみました。

STAGE4

» [映画 レ・ミゼラブルより] 民衆の歌声が聞こえるか

アトリエのコンサートの最後は、現役生(園児~高校生)全員による合唱です。今回は、小学生以上は原作を読み、高学年は映画も観て練習に臨みました。

弦楽器・管楽器のゲストの方々にも加わっていただき、胸が熱くなる合唱でコンサートをしめくくりました。

教室アクセス
無料体験レッスン受付中
Facebookで見る